自閉症スペクトラム めぐと私の日常

発達障害の女の子とのドタバタな毎日

健診について

f:id:megusansun:20220414190512j:plain


身体はすくすくと順調に成長していく娘めぐ。

少しずつ始まった離乳食も、食べる事が大好き(ありがたい!)だったので順調進んでいきました。

 

とにかくたくさん動くので(多動)きっとお腹も空いていたのだろうと思います。

 

自閉症スペクトラムの子どもたちは、偏食のお子さんも多く、特定の決まった食べ物や色(白いもののみなど)好んでそれしか食べないという話も聞き、大変ご苦労されているお母さんの話も良く耳にしました。

 

娘は、たくさんミルクも飲むし、手作りではない市販のものも食べてくれたので、食事の件では大変助かりました。

(パウチなどパッケージの香りが苦手なお子さんも多いようです)

 

健診では、身体の成長は順調でハイハイ、歩くなども順調に成長していました。

基本の健診は近所の小児科で受け、1歳半健診は、保健所で受けていたのですが、保健所での集団健診のハードルは相当なものでした。

 

たくさんの親子がいて、騒がしいところは刺激が強すぎるし、娘は落ち着くはずはないのです。

 

出かける前から、機嫌の悪くならないような細心の注意を払って準備しているのですが、当然良い結果をイメージする事などできず憂鬱な気持ちは増すばかりでした。

 

行きたくないーーーーー!!!

 

近所の小児科で受ける事ができないかと役所に電話をし探ってみたのですが、地域の保健所で色々チェックして頂かないといけない様でそれは難しいとの事。(母親の精神状態や虐待などの確認もあるのでしょう

 

うちの娘はめちゃ動きますよと、念を押しても大丈夫ですよ〜との返事があるのみ。

 

大丈夫じゃないのは私なんですよーーーー

 

(手伝ってもらえたり、順番を早くとか遅くとか優先などはやっぱり無いのです)

 

結果は、異常ないとの事でしたが(言葉もぼちぼち出ていたし、身体も健康なので)待合室では娘と追いかけっこをする羽目になるし、周囲の目も気になるし、待ち時間がとても長く感じられ心も身体もクタクタとなり、帰宅するのでした。

 

ここで異常なしなんて、発達の様子は確認してもらえていたのか、今となっては疑問が残るのですが、めぐはまだ自閉症スペクトラムの指摘は受けていませんでした。

 

でもかかりつけの小児科でのちに詳しく検査をするようにと進められ、その後自閉症だと判明するのですが、この頃(1歳6ヶ月)には発達が気になるとチェックが入っていた様子。

 

小児科の先生、もっと早く教えてくださいよー

 

となるのですが、とてもデリケートな問題なのもありどうやら様子見をされていたのでした。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村 読んでいただきありがとうございます。よろしければ応援クリックお願いします♪