自閉症スペクトラム めぐと私の日常

発達障害の女の子とのドタバタな毎日

幼稚園見学 その後療育へ

f:id:megusansun:20220415150111j:plain


前回、意を決して幼稚園見学にお邪魔したのですが、現時点での入園難しいとお断りされてしまった娘。(3年保育)

 

現実を突きつけられた事もあり、しばらくドッと落ち込むのでした。

 

*現状
次の4月から行けるところがどこにもない。早ければ、年中の春から市町村の療育園に(2年)通う事ができるかもしれない。

 

保健師さんの言葉が浮かびます。

 

お母さんが決めないとかわいそうよ。

この時期はどんどん成長していくのよ。

 

ホントにその通りだと思うのですが、残念ながら現状行けるところはないのです。

でもいつまでも落ち込んでいる場合ではありません。

 

猪突猛進 猪突猛進(あんな感じでした)

療育をできるところを必死に探すのでした。

 

娘を寝かしつけた後、ネットにて自宅から通えそうな1ヶ所の民間療育施設をヒットさせることに成功。

 

翌朝すぐに問い合わせをしてみるのでした。

 

そこは、母体は別事業で長く経営している、運動と机の作業の両方できる娘にはピッタリの施設だったのです。

 

「お母さん、どこでうちを知りましたか?」

 

インターネットですと答えると、

 

「先日立ち上げたばかりなんです」

 

と言われ、そこはまだ全然人のいない新規の療育施設だったのです。

 

やったーーーーー!

 

とすぐにお話を聞きに行き、面談後、立ち上げる4月から通っていいですよとの許可をいただくことに成功するのでした。

 

その施設は、後日とても人気な療育施設になりました。

 

 

とにかく手厚いし、療育対するノウハウもきちんとある信頼できる施設だったのです。

新規の事業所だったので、ある意味賭けだったのかも知れません。

 

でもどこでもいいからと決めた訳ではありませんでした。

 

その先生方は、娘のありのままを受け入れてくださいました。面談時に温かい印象が残ったのです。運動スペースなど申し分なく、職員の先生の人数も多かったです。

 

絶対にここに通わせたいと、第一印象から思う民間施設でした。

 

週3日通えることになったので、とりあえず療育スタートとしては十分だろうと思いました。

 

あまり欲張りすぎて疲れてしまったり、行きたくないと拒否されて娘に嫌な思いをさせたら療育の意味がないかなと思ったのです。

 

とにかくありのまま楽しくのびのびと過ごしてほしい。

それが当時の1番の願いだったのです。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村 読んでいただきありがとうございます。よろしければ応援クリックお願いします♪